シミは女性にとっては不要なものですよね。「老けて見えるから嫌だな」「隠すのも大変だな」などできればできて欲しくないものです。でもできてしまったどうしたらいいのか、ここではシミを消す方法を知りましょう。

シミは医学の力で消す事ができる

シミを消すための方法はいろいろですが確実なのは、医学の力に頼る方法です。代表的なものにレーザー治療があります。セルフケアではなかなか消す事が難しいシミも消す事ができるのです。
 レーザーには複数の種類があるので自分に適している方法を医師に相談しましょう。ただし、美容治療には保険は適用されません。それなりの値段がかかる事はあるので知っておきましょう。
 また塗り薬で改善する事もできます。代表的な成分にはハイドロキノンやトレチノインなどがあります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも形容されるほどに、美白効果が強いです。トレチノインは古い角質を剥がして、代謝を促進し皮膚を生まれ変わらせます。

自分でできるシミを消すための方法

 まずは、代謝を早める事が大事になります。本来ならシミができても古い角質と共に自然と剥がれていきます。しかし、ターンオーバーが狂うと上手くいきません。代謝が正常に戻ればシミは薄くなり最後には消えていきます。
 時間はそれなりに必要にはなりますが、自然にシミを消していける方法です。代謝を正常に戻すには新陳代謝を高めるための馬油をを使ったり、ピーリングなどが効果的です。
 またハイドロキノンを使用する事でもシミを薄くできます。病院で処方される薬ほどには濃度は濃くありません。効果には個人差がありますが、市販されているハイドロキノンでもシミを消す事ができる人もいるので試してみる価値はあります。
 しかし、正しく使わないと逆に肌荒れを招く事になるので気を付けましょう。

シミを作らないようにするための予防

まずは、美白効果がある化粧品を使う事です。シミを予防するためには、シミの原因となるメラニン色素が作られる事を防ぐ働きや美白作用を期待できる化粧品を使うようにしましょう。
 目で見て分かるほどの効果を期待する事はできない事がありますが、できたてのシミを薄くする事はできます。シミ予防の効果は十分あります。
 肌へのリスクも小さいので日常のケアに取り入れましょう。また、美白化粧水を買う時には配合されている成分に注意しましょう。
 ビタミンCやアルブチン、プラセンタエキスなどが入っていると効果が高いです。中でも注目したいのがビタミンCです。
 ビタミンCの効果としては、メラニン色素が作られる事を抑制する事、できてしまったメラニンを白色還元して細胞を活発にする事です。
 また代謝も整えます。これらの効果でシミ予防に役立つのです。

シミは女性にとっては放っておけない厄介な問題です。まずはセルフケアで対処できないか試してみましょう。それでだめならクリニックに行って医師に相談するのも一つの手です。まずは、薬局に行きスタッフに相談しながら肌を白くする美白化粧品を選んでみてはいかがでしょうか?